もうぽっちゃりなんて言わせない!オフィスで出来る簡単ダイエット4選

薄着の季節になると、身体についている余計な脂肪が気になりませんか?
二の腕・背中・下腹・太もも・ふくらはぎ…などなど、気になる部分はたくさんあります。

女性はある程度ぽっちゃりしていたほうがいい、なんて男性の声をよく聞きますが、男性の言う“ぽっちゃり”とは…女性から見たら“痩せ”の基準なんですよね。

もうぽっちゃりなんて言わせない!無駄な贅肉とバイバイできる、オフィスで出来ちゃう気軽な簡単ダイエットをご紹介します!

舌を動かして小顔を目指そう

髪をまとめると大きな顔が見えて…何だか落ち込みますよね。顔の小さい女の子と並ぶなんて、もう絶対に嫌!なんて人いませんか?

オフィスで事務作業をするとき、コピーを取るとき、お茶を入れているとき…どんなときでも気軽にできるのが、口の中で舌を大きく回して、歯茎をなぞる運動です。口周りの筋肉が刺激されて、たるんでいた顔についた余計な脂肪を落とすことができます。

舌をできるだけ大きく押し出して、時計回り・反時計回りとゆっくり動かしていきましょう。

休憩中にさりげなく…二の腕ひねり


ぷるぷる二の腕撃退のためには、二の腕ひねりがおすすめです。
腕を後ろに引いて、まっすぐ伸ばします。そして二の腕から大きくバイバイするように腕をひねってください。

ペースはできるだけ遅く、内側と外側の限界までひねったら、そのままで10秒キープしましょう。二の腕の筋肉を使っている意識をしながらおこなうと、より効果が出やすいです。

呼吸を変えるだけ、下腹ぽっこりを解消


下腹は脂肪が落としにくい部位ですが、呼吸を変えるだけでぽっこりがすっきりに変わっていきます。空気を大きく吸ったら、いつもより3倍から5倍ぐらいの時間をかけてゆっくり吐いていきましょう。

この時に大切なのは、お腹を引っ込ませながら息を吐くことです。

この呼吸を意識すると、身体の中からポカポカしてくるような感覚があります。それを感じられたら成功です。

引き締まった小さなお尻は筋トレで作ろう


後ろから見たとき、きゅっと引き締まったお尻は憧れですよね。オフィスで簡単にできる運動は、お尻に力を入れる…それだけです。

お尻に力を入れて、一回りぐらいお尻が小さくなったら、その状況のまま30秒ほどキープしましょう。
それを何セットか繰り返すとお尻の筋肉がほぐれて、鍛えることができます。お尻の血行もよくなるので、毎日座り仕事でお尻が硬い…という人にもおすすめです。

さりげなくできるダイエットでオフィスでもキレイを目指そう

仕事をしている時間って長いですし、その時間をダイエットの為に使えたらいいですよね。そこで今回は、オフィスで、しかも室内でさりげなくできる運動をご紹介しました。

仕事をしながらでも出来る運動ばかりなので、ぜひ試してみてください。