手軽に免疫力を高めたい方必見!いつでもできる免疫力を高めるツボを伝授!

どんな時でも元気でエネルギッシュ、常に健康な人ってうらやましいですよね。自分にもそれだけ頑張れる元気があればなぁ…と思ったことはありませんか?

元気で健康な人たちは、免疫力がとても高いんです。

免疫力を高めておくと、いつも元気で頑張れる、そんな自分になれます。免疫力を高めることができるツボがあるので、ご紹介します。

免疫力チェック


自分の免疫力がどれぐらいあるのか、目に見えてわかるものではありません。自分でできる気軽なチェック項目で、免疫力が高いか低いかをチェックしてみましょう。

・疲れやすい
・風邪をひきやすい
・風邪をひくと治りにくい
・環境の変化で体調を崩す
・常に本調子じゃないと感じる


この5つは免疫力が弱っている証拠です。
何だか疲れやすいなぁ…
風邪をひきやすいなぁ…
治るのに時間がかかるなぁ…
そう感じたら、免疫力の低下の可能性があります。

免疫力の低下は放っておくと、慢性的な疲れを感じるようになり、より大きな病気を招きやすくなります。また肌荒れなど美容への影響も出てしまうでしょう。

自律神経のバランスを整えるツボ、合谷(ごうこく)


合谷(ごうこく)は身体に対していろいろな働きをするツボのひとつです。自律神経を整えることができるので、ストレスの影響によって低下してしまった免疫力を回復させる、といわれています。

それ以外にも様々な働きが期待できるので、時間があれば押しておくといいですね。

合谷(ごうこく)は人差し指と親指の間にあります。指の骨が交わる付け根のところにあり、押してみると少し痛みを感じる人も多いでしょう。

手の甲側にあるので、手の甲を上にして逆の親指でツボを押します。

病気への抵抗力を高めるツボ、井穴(せいけつ)


手と足の爪の根元にあるツボです。爪の生え際なので、押すと痛いというより気持ちよさを感じる人が多いでしょう。中国ではお灸を据える場所としても知られています。

病気の抵抗力を高めることができるツボ、といわれているので、風邪をひきやすいという人には井穴(せいけつ)のツボ押しをおすすめします。

押すというよりも、指を強めに握って圧迫する、というような刺激を与えましょう。

気が付いたら押すことを習慣にしよう

ツボ押しは一度押しただけで効果があるかというと、そういうものではありません。ちゃんと毎日継続してツボ押しをすると、免疫力のアップにも役立てることができるでしょう。

どちらのツボも気が付いたときに押せるツボなので、テレビを見ながら、お風呂の入りながら、仕事の休憩中など…気づいたときに押すように心がけたいですね。