不倫相手と結婚して幸せになれる?不倫結婚で確認しておいた方が良い事4つ

不倫はいけないと思いながらも、不倫に走ってしまう女性は多いですよね。
いいなと思う男性がたまたま結婚していただけ…と不倫関係を続けながら、離婚してくれるのを待ってお付き合いをして、やっとの思いで自分と結婚できる…そんな瞬間は幸せですよね。

でも、普通に独身同士でお付き合いを始めて結婚する道のりとは、やはり違います。
不倫結婚は本当に幸せになれるのか…考えておきたいですね。不倫結婚で確認しておいたことが良いことを、4つご紹介します。

不倫ってどうなの?


不倫=いけないことというイメージがありますし、世の中では快く受け入れられることではありません。本来なら、相手が結婚しているとわかった時点で、その相手のことはあきらめる…というのが正しいと思います。

でも、人間の心はそう簡単に変えられるものではありません。好きになった人が誰かのもの、という状況がより自分の心を燃え上がらせることもよくあります。一度好きになってしまった人をどうしたら嫌いになれるのか…考えても考えても嫌いになれなくて、結局そのまま不倫関係に…なんてことになります。

不倫はいけないことであっても、自分の気持ちに嘘は付けない、というのが世の中の不倫経験者の意見です。

忘れてはいけないのが、不倫相手が自分をどう思っているか、ということです。本気で結婚しようと思ってくれているかどうか、ちゃんと確かめてくださいね。ただ甘い言葉だけをかけて、本当は遊び相手としか考えていない…なんてこともあります。
不倫相手もちゃんと選ばないと、奥さんも自分も傷ついてしまうだけです。

不倫から結婚までの辛さを知ろう

不倫をしている間は、自分は奥さんよりも後回しにされる存在です。
土日がお休みでも、相手は家庭があるから簡単にはデートできませんよね。いつも一緒にいたいと思っても、独身同士なら何の障害もありませんが、不倫だと一緒にいる時間を作るのも大変です。自分のことをどう思っているのか…会えない時間が多かったり、家族と過ごす時間が長かったりすると、不安になります。

不倫結婚で確認しておくべきこと


・子供がいるかどうか
子供がいる相手だった場合、まだ成人していないなら養育費が必要になります。養育費がいらないという奥さんも中にはいますが、請求される場合が多いでしょう。再婚して家計を切り盛りしていく中で、養育費としてちゃんと必要な分を渡さなくてはいけません。

また子供を引き取るという男性もいます。離婚して君と結婚したいけど、僕の子供を引き取りたい、といわれたらどうしますか?
好きな男性の子供なら育てたい、と思うのは簡単ですが、子供の気持ちもありますよね。最初は関係を築くのが難しいですし、自分が産んでいない子供に対して、本当の愛情を持てるかどうか、という問題もあります。

・慰謝料は支払う必要があるか
不倫で離婚する場合は、慰謝料が発生します。これも養育費と同じで、奥さんがいらないといえば支払う必要はありませんが、慰謝料が発生する例が多いです。
慰謝料といっても収入によって相場が決まりますが、特に制限はありません。男性が無理をして高額な慰謝料の要求を受け入れてしまわないように、ちゃんと話し合っておきましょう。

・再婚にあたってお金はあるか
養育費や慰謝料などで、再婚するときには貯金もゼロ、なんて男性が多いのも事実です。一からまた頑張ればいいのですが…やはり最低限のお金は必要ですよね。結婚して自分が苦労するだけなので、お金の問題は再婚前に確認しておいてくださいね。

・お互いにすべてを背負う覚悟はできているか
何よりも、すべてを背負う覚悟ができているか、といった心の問題が大切です。中途半端な気持ちでは不倫結婚はできません。男性側にも女性側にも、すべてを背負う覚悟ができているとお互いに確認できたら、そこで不倫結婚はやっと成立します。

不倫結婚で幸せになれるかは自分次第


不倫をしていても、相手を好きでたまらないときは。「この人と絶対に結婚したい」と思ってやまないでしょう。でも、本当にその相手は自分との結婚を考えていますか?そして結婚してからもやっていける自信はありますか?すべてを背負ってその相手と一生過ごしていく自信はありますか?

夢中になっている間は気づかないのですが、結婚してみてわかることもあります。
自分との出会いも不倫だったから、また不倫されるかもしれない…という不安と戦いながら結婚生活を送らなくてはならないかもしれません。また、相手が離婚したことで自分が一気に満足してしまって、結婚しても相手を愛せなくなった、なんて人もいるのです。

勢いだけで不倫結婚は判断せずに、冷静になって自分と相手の関係を見つめなおせるといいですね。