片思いから両思いになる方法ってあるの?ポイント厳選4つ

大好きな人への片思いが、全て叶うとは限りません。でも、やっぱり望むのは、大好きな人と両思いになることですよね。

でも、相手が自分に興味を持ってくれているかもわかりません。片思いで終わるキレイな恋もありますが、やっぱりなんとか両思いになれる方法があれば、試したいですね。片思いの恋は実らず終わる・・・なんてことはありません。両想いから始まる恋なんてありませんし、最初はどちらかが片思いのはずです。

片想いから両思いになれる、4つのポイントをご紹介します。

友達の位置はキープする

友達から発展していく恋もあります。最初は友達としてしか見ていなかったのに、一緒に過ごすうちに自然と意識するようになる・・・そんな恋の始まりもいいですよね。

友達の位置を確保しておけば、もしも告白して断られてしまった場合でも、それからの関係が希薄になることなく、関係を続けていくことができます。人は過ごす時間が長い相手に好意を持つ傾向があります。友達として関係が続いていけば、会う時間を増やすことができますよね。

友達の位置をキープしながら、アタックするチャンスをうかがいましょう。

相手にとって居心地のいい相手、理解者になる

201607_06bもしも好きな人に、彼女や彼氏がいる状態で、どうしてもその人と両思いになりたい・・・と考えているなら、相手の理解者になり、居心地がいい相手となりましょう。彼女や彼氏のことを大好きな人には通用しないかもしれませんが、彼女や彼氏に不満がある人には、効果的な方法です。

相手が感じている不満を、「自分だったらこんな思いはさせない」とアピールしてみてはどうでしょうか。この人の方が自分を理解してくれるかも、この人といたほうが居心地がいいかも・・・と自然と考えるようになり、両思いになりやすいでしょう。

自分から心を開く

好きな人の前では緊張してしまう気持ちもわかりますが、相手に心を開いてもらうためには、まず自分から開かなくては始まりません。自分をすべてさらけ出す必要はありませんが、かっこつけたり恥ずかしがったりせずに、自分らしく相手と接してくださいね。

そういう姿を見せてくれる人に対しては、相手もちゃんと自分の本当の姿を見せてくれます。そして本当の姿を見せた相手には自然と親近感が湧いて、距離を縮めることができます。相手が自分を好きになってくれることを願って待っているばかりでは、片思いは永遠に片思いのままです。

自分からアクションを起こしてくださいね。

告白はストレートに、そして諦めないこと

201609_07a告白をするのは勇気がいることですが、片思いしている側から伝えるのが理想的です。相手から告白してもらうように対策をするのもいいのですが、相手の気持ちがこちらに向いていない以上、告白してもらうために頑張っても空回りです。

自分から気持ちを伝えることを恐れないでくださいね。そして、一度断られても、なんでもアタックするというチャレンジ精神があれば尚いいでしょう。あなたが好きという気持ちはストレートに伝えて、何度でも粘り強く勝負してください。

ただし、あまりにしつこくしすぎるのは禁物です。相手の様子を確認して、本当に迷惑そうな顔をしていたら、あまり強くアタックしすぎず、控えめなアピールに切り替えることをおすすめします。

片思いから両思いになることは、決して簡単なことではありません。でも、変えたいと思う気持ちがあるぐらいに好きな人なら、ぜひ両思いになるための方法を試してみてください。恋愛は相手の気持ちがあってこそのものなので、自分ひとりで先へ進むことはできません。この人だと思える人が見つかったら、正面からぶつかって自分の気持ちに正直になってくださいね。